読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中国

  12~15日まで中国 桂林に行きました。
 だけど初日は天候不順で上海で足止めでした。
 その間上海空港の近くのホテルで休憩でした。
 だけど出発の目処が立たず、夜になって主人の体調は悪くなりました。
 やっとフライトの時間が分かるようになり、主人のお友達に報告に行きました。
 そしてお薬を分けて頂きました。

 私はバスルームのドアが開かず、パニックになり、「来たくなかった」と我儘になりました。
 出発した途端に主人の顔色が良くなり、空港に着いた時はいつも通り回復してました。
 現地のガイドさんとさよなら、ありがとうの握手をしました。
 飛行機は直接桂林に飛び、やっと着いたのが明け方でした。
 部屋でシャワーを浴びて寝ました。

 8時まで寝て、朝ご飯を食べに行きました。
 パンが美味しかったです。
 9時にホテルを出発し、鍾乳洞に行きました。
 だけど寝不足であまり体力がありませんでした。
 午後の山登りは辛かったです。しかも暑かったから休み休みで行きました。
 下りる時になって主人の姿がないからまたパニックになりました。海外ではぐれたら
お仕舞いです。
 ガイドさんが探しに行って下さいました。
 お土産屋さんに行けばいいのに水墨画やら骨董品やらの見学が多かったです。
 夕飯の中華は美味しかったです。
 夜はナイトクルーズに行きました。
 夜の景色は違いました。

 3日目は早めの出発でした。
 高速道路で桂林郊外に行きました。
 景色が綺麗だったから写メを撮りました。年賀状に使おう思います。
 刺繍の店に行ったものの商品は予想外の値段でした。
 中々お土産が買えず困ってしまいました。
 ランチのレストランの隣に売店がありました。
 もし時間があればそこへ行こう思いました。そしたら時間が余ったので行って見たらお菓子がいっぱいありました。しかも安かったです。
 そこでお菓子を2つ買ったら値引きにして下さいました。
 午後から船下りでした。船の中は蒸し風呂状態だったから帰国したら帽子を洗濯しないといけないな思いました。
 景色が綺麗だったからまたまた写メの出番。
 船場に着いたらまた山登りでした。暑くて疲れてるのに汽笛がうるさかったです。
 市内に戻り、寝具店に行きました。ベットは寝心地良かったです。
 カーペットの買ってた方がいました。
 夕食は広東料理でした。喉が渇いてたからスプライトを注文しました。
 主人と半分こでした。
 その後時間が少しあったからお土産を買いました。
 19時半からショーを見に行きました。そしたらバレエみたいでした。
 踊ってた女の子が可愛かったです。
 ホテルの戻ったら荷物の整理、翌日の準備をしました。

 最終日 準備が完了したら早めにロビーに行きました。
 そしたら既にバスがありました。
 他のツアーの人もいました。
 ラッシュ前の出発だったから道は空いてました。
 中国の高速鉄道は駅で検査がありました。
 7時40分の出発でした。
 日本の新幹線と基本同じでした。
 10時半に広州の駅に到着しました。
 トイレに行ってる時間がなかったから車内で済ませておいて良かったです。
 その後バスで広州空港に移動です。
 市内だから車が多かったけど渋滞はありませんでした。
 空港でガイドさんとお別れです。「お世話になりました」と握手をしました。
 保安検査を済ませたものの売店もレストランもありませんでした。
 中国は空港が広い バスに乗って飛行機まで行きました。
 出国手続きのため上海空港経由でした。
 主人と別の窓口になってしまったから焦りました。しかも広州空港で頂いたスプライトに引っかかってしまいました。
 フライトの時間まで少しあったから売店で買い物をしました。
 可愛いパンダちゃんのグッズがありました。ぬいぐるみは高いです。
 17時55分のフライトで中国とさよならです。
 日本には21時前後に到着しました。
 各種手続き、荷物の受け取りに時間がかかったけど早い電車に乗れました。
 家に帰ったらお仏壇に「只今帰りました」とご挨拶をしました。