読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

回復すると思ってました

 明け方本家のおばさんから「おじさんが危ないから病院に乗せて行ってくれる? 娘が血圧が弱まってるらしいからすぐ来てくれとのことだよ」と電話がありました。 

 主人は感が当たるから危ないと思って15時から目が覚めてたそうです。
 着替えるとおばさんを乗せ、病院に急行しました。
 5時過ぎに一旦家に帰り、次はいつ寝れるか分からないから寝ました。 
 起きたのが8時過ぎです。朝ご飯を簡単に食べました。 
 お風呂掃除に取り掛かろうとすると、新家のおじさんから「本家のおじさんが亡くなった。9時10分だよ」と電話がありました。
 昨日の段階でお医者さんが回復したとおっしゃって安心した矢先でした。 
 再び病院に戻り、控え室に着くと段取りの打ち合わせをしてました。新家のおじさんは遺体を本家に運ぶために役場に車を取りに行きました。 
 病院に戻って来たのが30分後でした。 
 本家に手伝いに行くと、親戚組が掃除機をかけたり、雑巾で拭いたりしてました。 
 私はベッドや座布団を運んだりしました。 
 親戚・会長さん・葬儀の担当者が集まり、段取りの打ち合わせをしました。娘さんがお茶を出して下さいました。 
 お通夜が明日の19時、お坊さんの都合で告別式が12時半に決定しました。 
 打ち合わせが終わったのが15時でした。 
 お風呂に入ったり、夕飯を食べてから19時に本家に集合しました。読経があったから数珠を持って行って正解でした。 
 読経が終わると、手伝いの人は段取りを決めてました。 
 親戚組は近所の人達を見送りました。その後で座布団を片付けました。 
 おばさん・娘さんが「明日もお願いします」とおっしゃいました。